【借金トラブルを弁護士に相談】任意整理の特徴を詳しく紹介

MENU

返済を楽にする

男女

裁判所を通さず弁護士依頼

任意整理とは、裁判所を通さずに法律事務所に相談に来られた債務者の代わりに弁護士が債権者である消費者金融、クレジットカード会社、信販会社、サラ金業者に減額や過払い金の返還交渉を行う手続きです。裁判所を通して債務整理を行う場合、特定調停という手続きになりますが、書類の作成や裁判所への出廷もすべて債務者本人が行わなければならないです。手間と時間がかかりますので、弁護士に依頼することで債権者と代理で交渉手続きを行ってくれるのです。任意整理をされるということは、相談者の多くが高い金利で契約をしているケースが多いのです。今でこそ上限金利は15%〜20%となっていますが、2010年に貸金業法が改正される以前は29.2%に近い金利での融資が当たり前であったのです。そのため、債権者からこれまでの全取引履歴を開示させて法定利息で再計算させると、現在の借金残高が少なくなる可能性が高くなるのです。また、任意整理で手続きすることにより払い過ぎた利息の金額が多い結果となったら、現在抱えている借金が減額どころか債務不存在、つまり残高が0円になる、それでも払い過ぎた利息がさらにあれば過払い金として手元に現金が戻ってくるケースもあるのです。任意整理の手続きや過払い金返還請求は、何も弁護士に依頼しなくても時間がある人は個人で手続きできます。しかし、金融機関によっては個人相手だと鼻から交渉に応じてくれなかったり債権者有利な和解内容になってしまうことも少なくないのです。満額に近い金額で払戻請求また減額するのであれば債務整理のプロである弁護士に依頼することです。

Copyright© 2018 【借金トラブルを弁護士に相談】任意整理の特徴を詳しく紹介 All Rights Reserved.