【借金トラブルを弁護士に相談】任意整理の特徴を詳しく紹介

MENU

借金が無くなることがある

男の人

取引期間の長い方向け

消費者金融は、かつて利息制限法で定められている上限金利(利用限度額に応じて15%〜20%)をはるかにこえて融資をしていた時代があり、その時代から取引をされている方は、過払い金つまり払い過ぎた利息がある可能性があるのです。現在も借金を抱えて返済中である方は、弁護士に依頼して任意整理の手続きをすることで借金を減額させることができるかもしれないのです。しかし、任意整理の手続きをしてしまうと問題なのは自分の信用情報にキズがついてしまうことです。債務整理ですから、信用情報に異動が掲載されると今後新たにローンを組んだり、携帯電話の新規契約をするといったことができなくなる可能性もあるのです。そのまま何もせずに返済を続けていくといつまで返済をしていったらいいか分からない、それよりは任意整理をすることで借金残高を確定させ将来の金利が発生しない手続きができるので、返済の目途を立てやすいメリットがあります。また、過払い金が多く発生していると現在抱えている借金がその払い過ぎた利息で相殺され、完済になることもあります。この場合ですが、任意整理をしても債務が0円であることになったら、信用情報に事故情報が登録されるということはないです。本来支払うべきではない利息を払っていたわけですから、それが無ければとっくの昔に完済していたので事故情報は付かないのです。過払い金が発生しているかしていないかは、素人では判断つきにくいところがありますので弁護士に相談するとよいです。

Copyright© 2018 【借金トラブルを弁護士に相談】任意整理の特徴を詳しく紹介 All Rights Reserved.